【厚生年金】2022年10月1日「パート」人数を拡大に!?。。(´・ω・`)


こんにちは、ハクです。


河北新報朝刊に、知りました。メモです。

パート厚生年金 来月拡大
従業者101人以上対象に


  パートなど短時間労働者が厚生年金に入るための要件の一つ「勤務先の従業員数」が10月1日から引き下げられる。現行の501人以上から101人以上に緩和する。厚生労働省によると、これで加入者は45万人増える見通しで、大部分は非正規雇用とみられる。厚生年金は国民年金より給付は手厚く、さまざまな働き方に合わせて保障を整えるのが狙い。少子化による現役世代減少が懸念される中、制度の支え手を増やす効果も期待される。


  厚生年金保険料は労使が折半で支払う。ロシアのウクライナ侵攻による物価高で原材料などが値上がりする中、企業など事務所によって新たな負担が生じる。


  週30時間以上働く人は勤め先の規模に関係なく厚生年金に入れる。30時間未満の場合は、現行制度では①勤務先の従業員が501人以上②雇用見込みが継続して1年以上ある③週の労働時間が20時間以上④賃金が月額8万8千円以上⑤学生ではない―との条件を全て満たすことが必要となる。


  10月から、従業員数のほか、雇用見込み期間を「継続して2カ月を超える」と変更する。


  厚生年金は基礎年金に報酬比例部分を上乗せする「2階建て」。基礎年金部分だけの国民年金より給付が増える。労働者の保険料は給料から天引きする。


  厚生年金に入れ歯、同時に健康保険の加入対象にもなる。国民健康保険にはない傷病手当金や出産手当金が支給される。


  配偶者の扶養範囲内で働くパートらの間で、厚生年金や健康保険の保険料負担を避けようと勤務時間を減らす動きも予想される。厚労省は「年金額が増える利点を理解していほしい」としている。


河北新報 朝刊 (1)


(´・ω・`)
ブログランキング・にほんブログ村へ