【NHK大河ドラマ】24年『光る君へ』藤原道長役に「柄本佑」に抜擢!?主役"紫式部"「吉高由里子」とデュエットに!?。。(´・ω・`)


こんにちは、ハクです。


Yahoo!Japanニュースで、知りました。

24年大河『光る君へ』藤原道長役は柄本佑 “紫式部吉高由里子と「愛の物語」描く


  俳優の柄本佑が、2024年放送のNHK大河ドラマ『光る君へ』でキーパーソンとなる「藤原道長」を演じることが8日、同局内で行われた会見で発表された。


【写真】”生涯のソウルメイト”に…寄り添う柄本佑&吉高由里子


  吉高由里子演じる紫式部/まひろは、千年の時を超えるベストセラー『源氏物語』を書きあげた女性。「光源氏」の恋愛ストーリーの原動力は秘めた情熱と想像力、そしてひとりの男性への想い。その男性の名は藤原道長。変わりゆく世を自らの才能と努力で生き抜いた女性の愛の物語だ。脚本は大石静氏が務める。


  柄本が演じる道長は、平安の貴族社会で、最高の権力者として名を遺した男性。名門、藤原北家に生まれ、兄の道隆、道兼の陰で、一見目立たない、しかしどこか光るもののある青年貴族に成長する。やがて思わぬ事態が重なり、若くして政権の中心に躍り出ることになる。戸惑いながらも、次第に政治家としての力をつけていき、その非凡さが表出。道長は、娘たちを次々と天皇の后とし、続く代々の天皇外戚となることで、頂点に上りつめていく。


  まひろ(紫式部)とは幼い頃に出会い、のちに『源氏物語』の執筆をバックアップし、后となった娘に学問を授けさせるために宮中に出仕させる。二人には身分差があり、一定の距離があるかに見えるが、実はその心は生涯離れることのできない、ソウルメイトとしてつながっていた。互いの人生の輝き、喜び、そして苦しみをつぶさに見つめあうことになる。


  発表にあたり、大石氏は「最初の制作発表の時にも言いましたが、紫式部藤原道長はツインソウルで、宿命のふたりです。ネタバレになってしまうので中身は内緒ですけど、稀代の政治家道長の唯一の弱点は、まひろ(紫式部)でした」と説明。「彼女のこととなると、思わず軸がぶれてしまう生身の道長。そのあたりもスリリングに切なく、吉高さんと柄本さんに演じてもらいたいと思っています。最高のカップル、どうぞご期待下さい」と呼び掛けている。


  制作統括の内田ゆき氏は「私たちの道長は、最初から野心にあふれたやり手の政治家だったわけではありません。のんびり育ったフツーの青年が、運命に導かれるかのようにのしあがり、成熟した男となっていく。その時々の年齢で、さまざまな表情を見せる道長に、確かな演技力と多彩な魅力を持つ柄本佑さんをお迎えできました。女性の心をどうしても離れない男性を演じて頂くことに、期待が膨らみます」と心境を吐露。「折々の道長との関係に、時に突き動かされ、時にじっと思いを胸に秘めながら、人生をつかみとっていくまひろ。吉高由里子さんと柄本佑さんの化学反応の連続に、どうぞご期待ください」とコメントした。


  また、今年5月の主演発表会見で脚本の大石氏は「戦(シーン)はなし」と明かし「平安時代のセックス&バイオレンス」とキャッチーなテーマを掲げ、「紫式部藤原道長に対する愛と憎しみと執着。最後までツインソウルのように絡み合う2人の感情を描いていきたい」。藤原家の“権力闘争”についても「おなじみの人物、おなじみの戦を楽しむことが多いこれまでの大河ドラマとは、だいぶ趣が異なると思います。藤原家が権力を誇った平安王朝は『華麗なる一族』と『ゴッドファーザー』を足して3倍にしたぐらいの権力闘争。面白い話がいっぱいある」と話していた。


  吉高と柄本は日本テレビ系ドラマ『知らなくていいコト』(2020年1月)で共演している。同ドラマの脚本は大石氏が務めた。


オリコンニュース 11/8(火) 15:01配信


吉高由里子柄本佑、と思い出すのは、2019年『わたし、定期で帰ります。』で主役は吉高、脇役で柄本、と覚えています。


2020年『知らなくていいコト』は主役共に合って柄本は抜擢されたと言えます。


どう強いかは、私はわかりませんが、
やはりNHK土曜ドラマ『空白を満たしなさい』を観ています。


原作が、平野啓一郎さんですので、興味あったためでした。
柄本の演技力についてはわかりませんが、いい作品だと思います。


で、2024年でNHK『光る君へ』とは柄本の強さがあるのでしょう。


しかし私は、吉高由里子のファンです。以上。


(´・ω・`)
ブログランキング・にほんブログ村へ